訪問ありがとうございます

きときと実行委員会規約

第1章   総   則
( 名   称 )
第1条 この委員会は、きときと実行委員会(以下「委員会」という。)という。
( 事 務 所 )
第2条 委員会は、実行委員長の指定するところに事務局を置く。

第2章  目的及び事業
( 目   的 )
第3条 委員会は、富山県におけるドッジボール競技の普及振興を図るとともに、県内チームの競技力の向上・県外チームとの交流を
目指し「富山きときと杯ドッジボール大会」を企画、執行する。
第4条 委員会は、交流会を通じてチーム指導者並びに審判員の技術養成の機会を設け、目的に賛同する方々との親睦を深める。
第5条 委員会は、大会の準備等の役割にて、一般保護者・企業・地域に対して「ドッジボール」の認知、普及、交流に努め子供たち
の思い出を演出する努力をする。
第6条 みんな(子供たち、保護者、指導者、審判員、大会関係者等)の協力による、みんなの為につくる、みんなが楽しめるドッジ
ボール大会の実践。
第7条 この規約は、これからのチーム作りを目指す方々や、子供たちの夢の実現に協力を惜しまない方々に一緒に力を合わせて戴き
たい事を願い、入会の手引きとして文書化し、規制するものではなく広く富山県のドッジボール競技の発展に貢献する。

( 事   業 )
第8条 委員会は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。
(1)ドッジボールに関する調査研究をすること。
(2)他の都道府県との交流を惜しまず、情報を共有する。
(3)富山県内の練習試合を開催、協力する。
(4)大会運営の為に協賛金等の資金集め。
(5)その他、この委員会の目的を達成するために必要な事業を行い並びに参加する。

第3章  組    織
( 会   員 )
第9条 委員会の会員は、次のとおりとする。
(1)委員会の目的及び事業に賛同したチームまたは個人
(2)日本ドッジボール協会(富山県協会)に登録済みのチームまたは審判員。
(3)委員会の事業を援助する個人または法人。

* これ以降の規約内容は「委員会」に加入され必要とされる方に限り事務局より、口頭による説明も含め、手渡しとさせて頂きます。



トップへ
トップページへ
戻る
ページ上へ


訪問ありがとうございます。